2016年03月27日

「落語ってなあに? アピオ寄席」開催しました! 2016/3/26

 第203回合同例会「笑福亭鶴笑のパペット落語」の事前活動として
青森大学お笑い研究部の方々を講師にお招きし
落語を楽しく学んで体験する「落語ってなあに? アピオ寄席」を開催しました!

 はじめにあおもり子ども劇場 OBによる前座、落語絵本「じゅげむ」のパネルシアター。
お話の後はみんなで「じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ、かいじゃりすいぎょ、すいぎょうまつ、うんらいまつ、ふうらいまつ・・・」を早口で言う練習をしたり発表したりして遊びました。

KIMG0406.JPG


 そしていよいよ青森大学お笑い研究部の方々のワークショップ。
まずは落語についてわかりやすく教えていただき、
言葉の意味や由来なども説明してくださいました。

・落語が始まる時にはお囃子が流れますが、それは出囃子と言って落語家ひとりひとり違う曲になっている
・終わった時に鳴る太鼓は追い出し太鼓と言って「出てけ出てけ」と聞こえるように叩く
・普段よく見かける落語っぽい字。これは「寄席文字」と言って、お客さんが隙間なく入るようにという縁起担ぎの意味を込めて詰まり気味に書くことに由来している

などなど、他にもたくさんなるほどー!と思うことばかりでした。

 続いて扇子と手拭いを使っての時間。
扇子をお箸に見立ててお蕎麦を食べる、筆に見立てて絵を描く、
手拭いをお財布のようにして使う、などは落語でよく使われますが、
他にどんなものにできるかな?をみんなで考えて遊び、発表もしました。
 毎度のことですが、子どもたちの発想は素晴らしい!

KIMG0414.JPG


 最後はいよいよお笑い研究部の方による落語です。
ほとんどの子どもは初めての落語。
どんな反応かな?
と思いましたが、現代風にアレンジした内容やわかりやすい話し方のおかげもあって、
大人はもちろん、子どもたちもみんな大笑いして楽しんでいました。


 あっという間の楽しい2時間。
青森大学お笑い研究部のみなさん、ご参加のみなさん、ありがとうございました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第203回合同例会「笑福亭鶴笑のパペット落語」
日時:2016年4月16日(土)18:30開演
場所:アピオあおもりイベントホール

新規会員随時募集しています!
前日までのご入会で鑑賞できます。
*入会金300円 / 月会費1000円(4歳未満無料)

お問い合わせは
あおもり子ども劇場まで!
青森市花園2−16−18 花園福祉作業所内
TEL/FAX 017-765-0545
E-mail aomorikogeki☆gmail.com (☆を@に替えてね)









posted by あおもり子ども劇場 at 21:15| 青森 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

「落語ってなあに?」参加者募集中! 2016/3/26

楽しみで仕方ない来月の例会「笑福亭鶴笑のパペット落語」。

それに先立ち、青森大学のお笑い研究部のみなさんを講師にお招きして
落語を楽しみながら学び、体感する例会事前活動「落語ってなあに?」を開催します!

日時:2016年3月26日(土) 13:30〜15:30
場所:アピオあおもり小研修室3
対象:どなたでも(会員以外の方も参加できます!)
持ち物:(あれば)扇子、てぬぐい
参加費:ひとり100円(3歳以下無料)

お問い合わせ、お申し込みはあおもり子ども劇場事務局まで!

青森市花園2-16-18 花園福祉作業所内
TEL/FAX 017-765-0545
E-mail aomorikogeki☆gmail.com(☆を@に替えてね)







posted by あおもり子ども劇場 at 15:54| 青森 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする