2015年11月23日

「左手のピアスト 智内威雄 演奏+トーク」終了しました!2015/11/21

第202回合同例会「左手のピアニスト 智内威雄 演奏+トーク」終了しました!

P1070124.JPG

本格的なピアノコンサートということで、いつもと違う雰囲気の例会が予想され、
期待も大きく、会員以外の方からも多くの問い合わせがありました。

そんな中行われた智内威雄さんのコンサート。
決してコンサートには適さない会場、そしてピアノでしたが、
それもピアノの「個性」とおっしゃり、会場に着くなり調律師の方と念入りに
ピアノの場所や音の反響を確認し、少しでも良い音を届けられるよう調整してくださいました。

コンサートが始まってからも、そんなピアノの個性や会場のことを子どもたちにもわかりやすく説明しつつ、
演奏が始まると一気に智内さんの音の世界へ・・・。
深く、なめらかな音色で、本当に素晴らしい演奏でした。
目を閉じて聴いてもいいですよ、とおっしゃていましたが、プロジェクターで映し出された
手の動きにも目を離せず、全身で音を感じて素晴らしい時間を過ごしました。

椅子席と舞台の間にゴザを敷いて、音の波動までを感じることのできる近さでリラックスしながら
聴くことができ、低年齢の子たちも最後まで気持ち良く鑑賞することができました。

気さくに質問にも答えていただき、終演後には「左手のアーカイブプロジェクト」の寄付に賛同した
方にはサインにも応じてくださり、智内さんのお人柄にも触れることができました。


高学年の司会・進行、ステージの上での「4つの約束」、新会員さんのプレゼント係。
慣れた手つきのもぎりのみんな、臨機応変に誘導する会場係、搬入・搬出などいつも頼りになる青年部、
小夜食や皆への連絡や調整をしてくださった西ブロックの皆さん。

今回もみんなの力で素敵な例会になりました!

智内威雄さん、素晴らしい演奏をありがとうございました!
担当だった西ブロックのみなさん、お手伝いくださった方々、お疲れ様でした!









posted by あおもり子ども劇場 at 22:46| 青森 ☔| Comment(0) | 例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

第202回合同例会「左手のピアニスト 智内威雄 左手のピアノ演奏+トーク」2015/11/21

第202回合同例会「左手のピアニスト 智内威雄 左手のピアノ演奏+トーク」
 
日時 2015年11月21日(土)18:30開演(18:10開場)
場所 アピオあおもり イベントホール
託児 要予約 一人500円
※公演の中で、智内さんが質問に答えてくださいます。
聞きたいことがある方は、こげき通信に同封した質問用紙に書いて
当日もぎり付近にいる係りに渡してください。

智内威雄.jpg


留学中に発症した右手の病。
あきらめずに左手だけで演奏する道を選び、左手一本という弱点から長所を見出し、
新境地を切り開きました。
戦後の絶望の中で発展したといわれる「左手のためのピアノ曲」を通して、
どんな困難な状況でも夢を追い続けることの大切さを語ります。
「左手だからこそ」という魅力をお楽しみください。



また、公演終了後に、智内威雄さんが主宰している「左手のアーカイブ」プロジェクトの
募金CDと募金楽譜のご案内をいたします。
募金一口1,500円いただいた方にCD1枚
募金一口1,000円いただいた方に楽譜1冊 をプレゼント。
(智内さんがサインをしてくださいます☆)
いただいた募金はプロジェクトの映像公開費用、楽譜作成等に当てさせていただきます。

左手のアーカイブプロジェクトHP
http://www.lefthandpianomusic.jp/

「左手のアーカイブ」プロジェクトの目的は、左手のピアノ作品という忘れ去られてしまった貴重な音楽作品の発掘・復興をする事にあります。
 潜在的に相当数にのぼるといわれる右手にハンディキャップをもつ演奏家に、音楽を続けるひとつの道を示したいと思います。
 また、左手の訓練を重視したい演奏家にとって、この上なく有効な教材となることでしょう。
 そしてなにより、リスナー、オーディエンス、音楽愛好家の皆様に向けて、左手だけで演奏される音楽のもつ豊かさを広く伝えることができれば、これに勝る喜びはありません
 皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。
プロジェクト代表:智内威雄


posted by あおもり子ども劇場 at 13:52| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

「杉山亮ものがたりライブ」終了しました!

「杉山亮ものがたりライブ」11月3日(火・祝)終了しました!
14466934216240.jpg

14466934754901.jpg
当日はたくさんの親子連れ、大人の方がいらっしゃいました。
杉山さんのお話はちょっと不思議な物語。お魚が閻魔様にあって天国地獄に振り分けられるお話、貧乏神を祀る神社のくじびきのお話、何が起こるかわからない奇想天外な競馬予想。どれもびっくりするようなオチが待っていて最後に大笑いして拍手。合間にしりとりや参加型の小話もあって、子どもも大人も楽しみました。
ライブの冒頭に拍手を練習しないと拍手が起きにくくなっていることや、しりとりなど昔の子どもなら誰でも知っている遊びを知らない子が増えているという時代の変化のお話をしていたことも印象に残りました。
一時間半、夢中でお話を聞きました。楽しい時間をありがとうございました。
posted by あおもり子ども劇場 at 09:44| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする